escape

エスケープについては2種類のエスケープが存在します。JSON側のエスケープとOMLでのエスケープです。順番はJSON→OMLとエスケープされます。

そのため、componentのtextなどで\を挿入したい場合は

\\

とする必要があります。

そのため、改行をしたい場合は

\\n

となります。

引数の指定(modelなど)でもエスケープは注意する必要があります。

引数が文字列の場合、そちらもクォートで囲まなければならないため以下の通りとなります。

"@model('test.oml')"
"@model(\"test.oml\")"