class

HTMLのclassと同じ使用方法です。スタイルをまとめて設定することができます。

オブジェクトにクラスを設定すると、設定したクラスに登録されているプロパティが全てオブジェクトに登録されます。classは複数設定することができます。

classは配列が入り、複数個の値を設定しますが、classが一つの場合は直接文字列として設定することができます。

また、classは接頭辞を.(dot)としてcomponentの後ろに文字列として追加することもできます。

classの中身は define プロパティによって設定することができます。

{
  "component": "@cube.testClass1.testClass2",
  "define": {
    ".testClass1": {
      "color": "#000000"
    }
  }
}
{
  "component": "@cube",
  "class": ["testClass1", "testClass2"],
  "define": {
    ".testClass1": {
      "color": "#000000"
    },
    ".testClass2": {
      "color": "#000000"
    }
  }
}

優先順位はclassプロパティで設定したものが優先されます。